• ホーム
  • 経口避妊薬を保険適用できる場合と出来ない場合について

経口避妊薬を保険適用できる場合と出来ない場合について

経口避妊薬は、「ピル」とも呼ばれ、高用量・中用量・低用量のものがあり、低用量のタイプは強い副作用が出にくいことから、広く用いられています。
ピルは毎日決まった時間に服用することで、生理前のような体の状態を保つことができるため、確実な避妊効果を期待することができます。
また、規則正しく服用することで、ホルモンのバランスを整えることができるため、生理痛を和らげたり、月経の出血量を抑える効果もあります。
月経の前に不安になったり、イライラしたりする気持ちの変化も起こりにくくなります。
さらに、肌荒れが改善したり、ニキビができにくくなるなど、美容面での効果も期待できます。

経口避妊薬は、個人輸入などで入手することもできますが、副作用が出る恐れもありますので、医師の診察を受けて処方してもらうのがおすすめです。
クリニックを探す場合、ピルは、経口避妊薬として処方してもらうと健康保険の適用となりませんが、病気の治療を目的とする場合には、健康保険が適用になるケースもあります。
例えば、子宮内膜症が原因で起こる月経困難症の治療が目的の場合には、健康保険が適用されます。
婦人科の疾患の治療を目的に、保険を適用してピルの処方が受けられるクリニックが豊富にあります。
保険の適用をうけるときには、期間や薬の使い方が限定されますが、費用面の負担は小さくて済みます。
月経痛がつらかったり、出血量が多い、生理前の気分の落ち込みがつらい等、女性の体のリズムに関する悩みはよくあるものですが、受診をせずに我慢している方が多くみられます。
婦人科に関わるつらい症状がある場合には、専門医を受診してみてはいかがでしょう。